土地選び、どうする?

家を建てるには、土地が必要です。

 

パルステージに来社されるお客様の中には、今ある家を建て替えるという方もいらっしゃいますが、そうでなく、新しく土地探しから始めて家を建てられる方もたくさんいらっしゃいます。

来社時には、もうすでに土地をお持ちの方、これから探される方、と色々です。

 

これから土地を探されるという場合、ほとんどの方が、まず、住みたいエリアを念頭に不動産屋さんを回られるのだと思います。

ですが、不動産屋さんでは、当然ですが売れにくそうな土地からお勧めされます。(そうばかりとは言えませんが・・・)

売れにくい土地というのは値段は安いかもしれませんが、何かしら問題があることもあります。

奥まった土地で建物が建てにくいとか、建築制限のある土地であるなど。(例えば目の前に消火栓があればガレージは作れません)

 

それでは、どんな土地が「良い土地」で、どうやって探したらよいのでしょう?

そこが「良い土地」かどうかは、人によって違います。

どんな家が建てたいのか。

どの地域に住みたいのか。

どのくらいの予算があるのか。

といった希望を考慮したうえで探し、納得できればそこはその人にとっての「良い土地」となります。

 

でも、あまり考えすぎてしまうと、そもそも初めは理想の家を建てるための土地探しであったにもかかわらず、

土地を買うための土地探しというように、当初の目的を大きく外れてしまうこともあります。(;^_^A

そして、つい土地の予算をオーバーしてしまい、家にかかる予算を削ることにもなりかねません。

 

さらに、住宅メーカーによっては土地に合わせた間取りプランから選ばざるを得ないということもあります。

 

そうなると、

 

思い描いていた理想のマイホームから、どんどんあきらめなければならない要素が増えていきます(涙)😢

 

私は、土地探しは建築を依頼する会社にお願いするのがベストだと思っています。

 

まず、自分たちの「建てたいと希望する家」について相談し、土地と家との予算配分や資金計画を施工会社と一緒に考えた上で、その予算にあった土地探しをするべきです。

施工会社と一緒に探すのであれば、難しい条件の土地であっても設計の工夫で解決できるなど、きっと選択肢が広がるはずです。

また、プロの目から見た地盤や建築後の採光、風の通り方などのアドバイスももらえます。

 

 

 

写真は道路から少し奥まった旗竿地で、敷地は隣家に一部隠れています。しかし、建物の配置や間取りの工夫で十分な採光を確保しています。

さらに、リビングの吹き抜けが開放感をもたらし、土地のデメリットを感じさせません。

 

 

お施主様の言葉です。

立地と値段が魅力で探した土地でしたが、道路から奥まったこの土地で本当に良いのか迷いました。でも、購入前にパルステージに相談すると、不安を解消するようなプランを描いてくれました。とてもスピーディで的確な対応でした。北向きで閉鎖的な旗竿地でも、プロの腕にかかれば驚くほどの明るさと開放感のある家になりました。実際に住み始めると、道路に面していないため静かで落ち着いて暮らせまるので、とても気に入っています。

 

 

パルステージでは定期的に家づくり相談会を開催し、マイホーム計画中の方だけでなく、将来(未定でも)家を建てることを検討されている方に、資金計画書を作成するお手伝いをしています。

土地に関することだけでなく、「家」に関することなら何でもお気軽にご相談ください。

 

R.