「人生を楽しむ家」~お施主様インタビュー3~

それぞれが趣味をお持ちのご夫婦。

 

その素敵な暮らし方をご紹介します。

 

ご主人の趣味は車とバイク。

奥様は長年、銅版画を楽しまれ、今ではプロ並みの腕前です。

 

それぞれの趣味に没頭できるスペース「自分だけの基地」を設けるには家族の同意も必要ですし、ともすれば家族それぞれが同じ家の中にいても会話も少なく孤立してしまう・・・

ということにもなりかねません。

 

このお宅では、家全体が間仕切りの少ない設計となっていることに加えて、ご主人のためのインナーガレージと、奥様のためのアトリエがどちらもリビングに面しており、またガラス窓もあるため、集中こそできても、常にお互いの存在を感じ、決して独りになることはないそうです。

 

 

ご主人自慢のガレージは庭に向かって広がりがあり、週末にはお仲間が自然と集まって楽しまれているそうです。

 

 

奥様のアトリエには作業用のカウンターテーブルや収納スペースもたっぷり。また、大きな道具を洗えるようにと理科実験用の深いシンクも設置してあります。

 

 

そんなご夫婦の週末の楽しみはウッドデッキに設けた「足湯」

高台にあるお宅からは眺望が抜群です。

二人でゆっくり足湯につかりながら話す時間はとても貴重で大切な時間ですよね。😘

 

 

 

ウッドデッキではお友達を招いてバーベキューをする機会も多く、ゲストの皆様にも足湯は大好評だそうです。

もちろん、使わないときには蓋をしてフラットな状態にすることができます。

 

お二人とも、本当にこの家での暮らしを楽しんでいらっしゃいます。

 

以下お施主様の言葉です。

 

パルステージさんには土地探しからお世話になりました。

高台の分譲地ですが、駅から徒歩圏。私たちの夢をかなえるにはとても良い場所を提案してもらえたと思います。

 

さらに、ウッドデッキに「足湯」を提案していただいた時にはびっくりすると同時に、わくわく感が一気に高まりました。

パノラマビューで心身ともにリラックスでき、ちょっとしたリゾート気分を味わえます。

 

家は間仕切りの少ない設計で、風や光が家中をめぐり、木の香りがしてとても穏やかな気持ちでいられます。

 

我が家は二人とも「家にいるのが一番」なんですよ。

 

そういっていただけると本当に嬉しいです。

ありがとうございます。

 

R.